- 第12回 -

漢方薬で悩みもすっきり解消 夏を思いっきりエンジョイ!


 漢方薬で悩みもすっきり解消 夏を思いっきりエンジョイ!

ジリジリと焼き灼く太陽と熱風、鳴き立てる虫の声、夏は血が踊るような季節です。クーラーの中の生活から飛び出して、自然と遊びましょう。夏は短かく、走りぬけて行きます。思い切り鮮やかな水着で浜辺を歩けば、貴女は、物語の主人公です。波と戯むれて泳ぎましょう。海に身をゆだねると、とてもハッピーな気分になれます。疲れたら、砂浜で小麦色に肌を焼くのもお酒落です。ヨットや水上スキーにチャレンジして、青春しちゃいましょう。夏はファッショナルブルな季節です。

ところで、皆が夏に浮かれているのに、なんとなくブルーで不安な人は、漢方薬を飲みましょう。不安感が無くなります。


Q:愛華さん 20歳 今年短大を卒業して、就職しました。会社にも慣れて、仕事をこなせるようになりました。先輩の女性社員が色々と嫌味を言ったり、口をきいてくれない等いやがせをします。無視すればよいのでしょうが、その人を見ると動悸がしたり、感情がたかぶり、震えるようになりました。このままでは、自分が駄目になりそうで、御相談しました。

 
  私の画像の上にカーソルをもってきてください。お答えいたします。  
 

Q:芳生君 17歳 高校生です。小さな事でも気になり、イライラします。胸に圧迫感を感じ、苦しく、動悸を打つのが、わかります。このような状態で眠れず、不安な気持ちになり少し眠ると、怖い夢や無気味な夢に悩まされ疲れが取れません。昨年までは、ぐっすり眠れ、スポーツを楽しんでいました。両親は現在の僕を心配して、話し掛けてくれるのですが誰とも話したくはありません。自分でも性格が変わったと思います。

 
  私の画像の上にカーソルをもってきてください。お答えいたします。  
 

Q:麗さん 24歳 自分でも神経質だと思います。神経性腸炎で、下痢が続き、止まりません。原因は、心労、過労が続き、不眠症になり、体調を崩してしまいました。下痢止めを服用したり胃腸を調べても、異常はないそうですが、軟便・下痢・腹鳴無(おなかがゴロゴロという事)に悩んでいます。

 
  私の画像の上にカーソルをもってきてください。お答えいたします。
 
 

 このように、身体の異常が不安感を生み出す場合と心の不安が身体の異常を生む場合があります。いずれにしても、漢方薬は、心と身体の融和調整を行い、心身の健康を守ります。嬉しい、楽しい心地よい事は、心にも身体にも健康を与えます。漢方薬は、心の栄養剤です。悩みがあったら気軽に相談して下さい。